不幸にも交通事故の被害に遭ってしまったというような場合、相手から受け取る慰謝料の額はなるべく大きくしたいと考えるのが普通です。

現代社会において誰でもお金は欲しいと思うものですし、何よりも自分が実際に被害を被っているのですからその被害を回復させるためのお金を要求するというのは当然の権利です。

しかし保険会社などから提示される交通事故の慰謝料は思っていたよりも少ない額になることが多く、「プロがそう言うのであれば」としぶしぶ納得してしまうようなケースもかなり見られます。

交通事故の慰謝料情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

ですがそこで覚えておきたいのが「裁判所基準」という言葉です。



そもそも交通事故の慰謝料を算定する際の基準には自賠責保険基準と保険会社基準、裁判所基準の三つがあります。

日本経済新聞の情報検索をお役立てください。

そこで支払われる金額も自賠責保険が最も低く、裁判所基準が最も高いというようになりがちです。


この裁判所基準が高いのは自賠責基準では自賠責保険が、保険会社基準では自動車保険会社がそれぞれ損をしないような金額設定をしているからです。

しかし裁判所基準の場合は交通事故の被害を客観的に見て「これくらいの慰謝料は支払うべきだ」と裁判所が損得勘定を無しに算定するものであるために高額になるのです。
ただしこの裁判所基準を主張するにはそれまでの判例などを見て、今回の事故と過去の判例を見比べたうえで請求の妥当性を証明するというかなり難しい作業が必要になります。

ですからもし自分の被害に対して支払われる慰謝料が少なすぎると感じた際には弁護士などに相談をしてみることをお勧めします。